石鹸洗顔は実は肌に良いのです

洗顔のための洗浄剤を選ぶなら、アルカリ性の石鹸よりは弱酸性の洗顔フォームの方が、肌に優しいし使用感もいいに決まってる…というのが長年信じられてきた常識でした。
実際、弱酸性の洗顔フォームの方が、すすいだ時にしっとりとした感触があり、タオルドライ後も肌がつっぱりにくいという特徴があります。



一方石鹸で洗顔するとすすぎ時に肌がきしきしして、汚れとともに皮脂もものすごく落ちてしまったような気がしてしまいますし、洗った後は痛いほどに皮膚がつっぱります。

確かに弱酸性の洗顔フォームの方が使っていて安心感があります。

洗顔石鹸に関する企業の一覧です。

洗顔石鹸の口コミ情報を教えます。でも、最近のナチュラルブームで石鹸を使う人が増え、石鹸の使用感は確かに独特だけれど、決して悪いものではないということが知られるようになってきました。


ところで、石鹸で顔を洗った時に感じるあのきしみは、どういうメカニズムで生じるのでしょうか。きしみとともにさっぱりとした使用感も得られるので汚れが綺麗に落ちた気分になり、この感触がたまらなく好きという人もいるようですが、実はすすぎ時に感じるこのきしみは、肌が脱脂されすぎたことによるものではありません。
すすぐときに、水道水中のカルシウムやマグネシウムのようなミネラルと石鹸が反応してしまい、水に溶けない金属石鹸ができて、これが肌に残ることにより、あの独特のきしみが出てしまうのです。



乾いたあとのつっぱり感も、この金属石けんが原因です。


ですから、石鹸洗顔の際につっぱり感を抑えるには、酢やクエン酸を溶かした水で軽くすすぐのが効果的です。ですが、以前は、石鹸洗顔により皮膚に残った金属石けんは、毛穴を詰まらせてにきびやくすみの原因になると言われていましたが、実は被膜となって皮膚を保護する働きをするということが最近分かってきていますので、あまり気にする必要はありません。



このように、一昔前までは肌のためによくないと言われていた石けんによる洗顔が最近は見直されてきています。
石けんは突っ張るからと敬遠していた人も、一度試してみてはいかがでしょうか。




Copyright (C) 石鹸洗顔は実は肌に良いのです All Rights Reserved.